×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

失業手当(失業保険)をもらっている失業中のボランティアについて

TOPー>失業ー>失業中のボランティア

スポンサードリンク
失業保険(失業手当)をもらってボランティア

失業保険(失業手当・失業給付金)をもらいながらボランティアをするとどうなるのか? お金を貰っていないから、何もしなくても大丈夫だと思っていませんか?

失業保険を貰っているときに、アルバイトをするとハローワークでの認定日に提出する書類に事実を記載しなければなりません。

ボランティアの場合も同様に、認定日に申告しなければなりません。申告は難しくなく、単にいつボランティアをしたか、書類のカレンダーに印をつけるだけです。

ボランティアをしたら必ず申告しましょう

認定日のたびに申請書を貰います。これにアルバイトした日には○、ボランティアや内職をした日には×を書きます。

失業中のアルバイトも参考に見てください。

ボランティアをしたのに申告しないと

失業保険をもらってボランティアをしたのに、申告しないと「不正支給」になる場合があります。

失業保険はその性質上、安心して再就職先を探すための生活費を面倒見てくれるものであり、ボランティアをするものではないからです。

そのため、失業保険を貰っているのにボランティアばかりに勤しむと、注意されます。まぁ、ボランティアはそこそこに再就職先を見つけることに全力を注いでください。

スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample