×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

失業手当が切れた後の支援策:住宅手当

TOPー>支援策ー>住宅手当

スポンサードリンク
住宅手当

失業保険も切れた。次の就職先も決まらない。家賃払えないときどうすれば?? ちゃんとセーフティーネットはあります。賃貸住宅に住んでいて、家賃が払えなくて住むところが無くなりそうだったり、無くなる恐れのある方。 是非、活用して安心して次の就職先を見つけられるようにして下さい。

支援の概要
  • 支給期間・・・最長6ヶ月
  • 支給額・・・地域ごとの上限額
  • 生活保護の住宅扶助特別基準に準拠した額

*支給される額は地域によって変わります。東京23区、単身者で53,700円です。

支給がある対象者
  • 離職後2年以内
  • 住宅を喪失している方、または賃貸住宅に居住し住宅を喪失するおそれのある方/li>
  • 離職前に主たる生計維持者であった方
  • 原則として収入が無い方。一時的な収入の場合、生計を一緒にしている同居の親族との合計が、 単身世帯:8.4万円以下/複数世帯:17.2万円以下
  • 生計を一緒にしている同居親族の預貯金が、単身世帯:50万円以下/複数世帯:100万円以下
  • 就労能力及び常用就職意欲があり、ハローワークに求職申し込みを行う方

ハローワークへの求職申し込みと月1回以上の職業相談、及び自治体での月2回以上の面接支援が必要です。


スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample