×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

求職者向け職業訓練学校を活用する

TOPー>再就職・転職ー>職業訓練学校の利用

スポンサードリンク
・求職者向け職業訓練学校とは

職業訓練学校は、受講すると失業手当の給付制限が無くなったり、給付期間が長くなったりする上に、再就職に必要な技術を習得できたりする大変便利な学校です。

いわゆるガテン系の職種から、デザイン、CAD、経理などなどありとあらゆる職種の訓練が受講できる可能性があります。 可能性というのは、地域によって実施される講座が様々であるからです。 詳細はお近くのハローワークに相談してください。 私も相談しに行きましたが、こちらが質問をしないと具体的には答えてくれませんでした。 質問の前に、ハローワークに置いてあるパンフレットを片っ端から持って帰り検討してください。 あとは、下のリンク先にもあるようにネットで検索も可能ですので是非活用してください。


■どのような人が利用できるか

「雇用保険受給資格者等求職中の方で再就職を目指す方。 公共職業安定所の受講指示(または推薦)等が必要です。」

■公共職業訓練を受講することで得すること

  • 自己都合退職者の給付制限が解除
  • 受講料は無料(但し個人の所有となるテキスト代などは有料)
  • 失業手当の給付期間が過ぎても受講している間は給付される
  • 交通費も支給される

但し、給付期間の延長は条件がありまして

  • 訓練開始日に支給残日数が1日以上
  • 所定給付日数が180日以上ある人は、その3分の2の日数分の支給を  受け終わるまでに訓練を開始しなければならない

とまあ、明らかに給付期間の延長を目論んだあざといことはさせませんよって事ですね。

■全国の職業訓練大学校はこちらのリンクをご覧下さい

・職業訓練学校の講座を探す

とりあえずどんな講座があるか調べるのには、リンク先を利用してください。雇用・能力開発機構が運営している検索サイトで、住んでいる地域や希望の講座などを入力し 検索をクリックすると講座が出てくる、非常に便利なサイトです。

検索してみましたか?意外と開始される月とか偏ってますよね。退職する前であれば、希望のコースがいつ開始されるか把握しておきましょう。 11月から開始されるのに、給付期間60日で8月に退職しても受講できませんから・・・

スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample